結婚かかるお金は意外と多い。どこで借りるのが1番いい?

結婚費用がかかる 結婚は確かに色々とお金がかかります。
本来なら男性は結婚を意識して、お金をある程度貯金しておかなければいけません。
しかし、なかなか計画的貯金をする男性は少ないです。
絶対に貯金をしなければいけないか?そうではないので、あくまでもその人の未来予想図に全てはかかってきます。

当然、貯金をしっかりしている人もいます。
結婚する年齢が若くなっているのも、貯金が間に合わない要因の一つです。
ここで何処からお金を借りるのが良いのか?ブライダルローンであれば、間違いなく銀行がオススメです。
特にあるネットを中心に展開する銀行が評判が良いので、結婚式等を考えて入る方は検討してみるのがいいと思います。

その銀行の評判が良い理由はやはり金利の低さにあると思います。
また来店不要というのもポイントが高い所です。
殆どが、インターネット上で完結します。当然契約書の取り交わしや、必要書類の提出。
アプリを使った写メでもOK.です。

画像が乱れていなければ問題はありません。
結婚式後も、お金は色々とかかります。新居探し等お金はたくさんかかるので、ブライダルローンで結婚式に使用するお金を8割にとどめ、残りの2割はこうした物に充てるのが賢い選択だと思います。
 

妊娠、出産でお金に困ったらどこで借りる?

出産費用を借りたい 最近、お金を貯蓄していない人が多すぎます。
お金を借りる事は、働いてさえいれば簡単なことかも知れませんが、お金を借りる事が意外に簡単に出来る為、依存性が問題です。

妊娠・出産はお金がかかります。大抵の産婦人科では30万円前後が相場です。
これより高い病院も勿論ありますが、殆どの総合病院や大学病院では30万円が相場になっています。
30万円は大金です。サラリーマンの月収並の金額がかかります。

ここでどこからお金を借りるのかが最大の焦点になりますが、お金を借りる際の大原則である金利が低い所で、お金を借りる事が一番有利になります。
借りる所は色々あります。
消費者金融や銀行系カードローン等が主にあります。
もし金利面で得をしたいというなら、金利の低い銀行系カードローンです。
銀行系カードローンの金利は14.5%前後の所が多いです。
消費者金融は殆どが18%です。この3.5%の差は侮る事が出来ません。
完済した時にかなり、金額が異なるので金利が低い所でお金を借りるのが賢明な選択と言えます。

銀行系カードローンも現在はウェブ申込みが主流になっており申し込みから審査まで非常にスピーディに事が運びます。
30分前後で審査の結果が出ます。
特に出産の場合は、帝王切開など予定外の分娩になることも多く、急な出費でとにかくお金を用意しないといけないというケースもあるかもしれませんが、そういう時もなるべく返済時のことも考えて借入したいものです。

このページの先頭へ