予想外で予想以上の出費になる「入院費」を支払うためには

突然のケガや病気。これは誰にも予測できないものです。
「自分は健康だから大丈夫」だなんて思っていても、事故に遭わない保証はありません。
全ての人が、突然入院することになる可能性を持っています。

そんな時、多くの人がその高い『入院費』に驚くようです。

国民保険には、医療費が一定額より高くなってしまった時に超えた分のお金が返金される「高額療養費制度」があります。
しかし、それでも数万円のお金は自己負担になってしまいます。
所得によって自己負担限度額は異なりますが、どの家庭にとっても大きな負担になることは間違いないでしょう。

しかも、この高額療養費は「払いすぎた医療費が返還される」制度です。
つまり、一度は立て替えて支払わなければならないのです。

一度入院してしまうとかなりの金額になります。
近年では、「大部屋が満室なので、個室しか空いていません」と言われ、半ば強制的に個室に入院させられることもあるのです。
もちろん、この場合でも個室入院料を支払わなければいけません。

支払えないからといって、治療を受けないというわけにも行きません。
こんな時は、キャッシングに頼ってみましょう。

少しだけ猶予をもらって、資金を工面しよう

病院で支払い金額を提示されて支払えなかった時、「手持ちがない」ということを説明すれば、支払いを数日待ってくれます。
病院側はカルテや保険証などで相手の身柄を知っていることから、一般的なお店よりもこうした猶予を簡単にくれるのです。

猶予をもらったら、お金を支払わなければいけません。
自動契約機を利用すれば、その日のうちに簡単にお金を借りることができます。
自動契約機を使う前に、先にネットから申し込みをしておけば、審査時間を短縮できるというメリットがあります。

絶対に借りられない立場の場合、ネット審査の時点で落ちてしまうので、「わざわざ足を運んだのに借りられなかった」ということにならないところもいいですね。

ここで気をつけたいのは、高額療養費が返還されるまでにかなりの時間がかかるということです。
3ヶ月以上は見ておいた方がいいでしょう。

そのため、30日間無利息システムがあまり役に立ってくれません。
もちろん、30日以内に返済できるあてのある人はこうしたところから借りた方が利子を支払う必要がなくなるので、断然お得です。

30日以内に返済できない人は、できるだけ金利の安いところを選びましょう。

このページの先頭へ