お金を借りる時に嘘をついたらどうなる?

申込時の嘘はNG 虚偽申告は後々自分の首を絞めるだけです。
虚偽申告が発覚した時、場合によっては、全額返金を求められる事も可能性としてはあります。
かなり可能性としては低いですが、悪質性が高い場合はこの様な事態に発展する事もあります。

他社借入金額はごまかしようがありません。
幾らここで虚偽申告をしても信用情報機関に照会をすれば何社から幾ら借りているかが直ぐに分かってしまいます。
折角、お金を借りられるラインにあったとしても虚偽申告によって融資を断られる事も珍しくありません。

お金を借りる時に、嘘を言って得をする事はありません。
嘘つきは損をするだけです。
仮に嘘をついてお金を借りても、影響がないうその範囲は限られてきます。

仮定の話をします。
先ず勤務先の勤続年数。ここは多少サバを読んでもバレにくいです。
後、基本情報で問題がないのは、住宅に何年住んでいるか?ここまでですね。
だからといって、虚偽申告を勧めているわけでは全くありませんので、ご注意ください。
万一間違って申告しても、咎められる可能性が低いということです。
ただし、健康保険証の発行日で、続年数は調べればすぐにわかります。

お金を借りる人にしてみれば、自分に有利な条件を入力したいのはわかりますが、嘘の申告で脇を固め、勤務先だけ正しく入力するのは正直賢いとは言えません。
特に初めて借入するその様な心理状態に陥る事も良くあるようです。

一生借りれなくなる?申し込みブラックって何?

申し込みブラックに注意 申し込みブラック、普通にお金を借りる人には縁のない言葉です。
実際この申し込みブラックの状況にある人も、最初は全くこの言葉を知らない人が多いです。
現在はインターネットやスマホからでもお金が借りる事が出来る時代です。
お金を借りる人に取っては非常に便利になりました。

その便利さゆえに起こるのが申し込みブラックです。
タイピング入力が早い人なら、5分で入力する事が出来ます。
肝心要の申し込みブラックとはどの様な物なのかを書いていきます。
簡単に書くと短期間に複数の業者に申し込みをする事です。

この状態になると貸し手側は、この人はお金に焦っていると感じとります。
また各会社にマニュアルがあるので、一定の件数を超えると、申し込み時点で要注意人物と判断されます(ブラックリスト扱いされるとうことです)
ここが1番重要になってきます。
ここは絶対に守らなければいけない物と考えて下さい
申し込みブラックになると審査は通らなくなります。
そして一定期間申し込みブラックの情報は信用情報機関に残ります。
その為キャッシングしたい人にしてみたら一定期間はおあずけ状態で暫くは申し込み等しないで、大人しくしておかなければいけません。

このページの先頭へ